血管年齢を食事や食べ物で若返らせる方法とは?

動脈硬化が進行すると、心筋梗塞や脳卒中になるリスクが高まります。そこで、なんとか血管年齢を若返らせ、動脈硬化の進行を防ぎたい!血管年齢の若返り方法は、いくつかありますが。まず始めたいのが、食事や食べ物で血管年齢を若返らせることです。食事の仕方や食べ物を変えるという、ちょっとした小さなことですが、血管年齢の若返りに効果が期待できます。

 

>>血管年齢を手っ取り早く若返らせたい方はこちら

 

 

血管年齢の若返りを成功させる食事と食べ物!

血管年齢の若返りを成功させる食事の仕方を5つのポイントにまとめました。また、血管年齢を若返らせるのに効果的な食べ物も紹介しています。

 

魚を食べると、血管年齢を若返らせることができます。魚には、DHAやEPAという成分が含まれていて、動脈硬化の原因となる中性脂肪を減らしてくれるからです。さらに、DHAやEPAには、血中の凝固を防ぐ働きもあるので、心筋梗塞や脳卒中の予防にもなります。DHAやEPAが中性脂肪を減らし、動脈硬化の予防に効果があるということは、すでに科学的に認められています。魚は、血管年齢の若返りを目指す人にとって、外せない食べ物です。

 

魚を食べられない人はどうすればいいの?

魚を食べられない方は、魚以外でDHA・EPAを補うようにしましょう。例えば、サプリメントなら十分なDHA・EPAを補うことできる上、魚臭いニオイもせず、手間いらずです。上手く活用するといいでしょう。

 

 

食物繊維は、動脈硬化を予防し、血管年齢を若返りを促進します。動脈硬化を進行させる原因には、コレステロールの増加と血糖値の増加が挙げられます。食物繊維には、コレステロールが小腸から吸収されるのを抑える働きと、腸管での糖質の吸収を抑える働きがあり、この2つの働きが動脈硬化を防いでくれるのです。

 

食物繊維を含む食べ物を教えて!

玄米ご飯、海藻類、きのこ類、野菜、大豆などが、食物繊維を多く含みます。血管年齢の若返りのために、日常の食事に取り入れたい食べ物です。

 

 

 

野菜から食べることで、動脈硬化を予防し、血管年齢を若返らせます。食事の始めに、野菜から食べることで、野菜に含まれる食物繊維が、腸管での糖質の吸収をゆるやかにし、血糖値が急上昇しなくなります。

 

 

野菜から食べるだけでこんなにも効果がある!

野菜から食べる効果は、血糖値の急上昇を防ぐだけではなりません。動脈硬化を防ぎ、血管年齢の若返りが期待できる効果がたくさんあります。

 

  • 野菜を食べる量が増える!
  • 満腹感を得やすくなり、食べ過ぎを防げる!
  • 中性脂肪やコレステロールが改善する!

 

「野菜は苦手だな〜」という人は、血管年齢の若返りのために「野菜をあまり食べない人の血管年齢改善法」を参考に、少しでも血管年齢を若返らせるように努めましょう、

 

 

大豆・大豆製品を食べることで、動脈硬化を予防し、血管年齢を若返らせます。大豆には、イソフラボンという成分が含まれています。イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをすることから、特に更年期以降の女性などに、動脈硬化を予防する効果が期待できます。

 

大豆製品でおすすめの食べ物は?

大豆製品でおすすめの食べ物は、納豆です。納豆には、ネバネバ成分であるナットウキナーゼという成分が含まれています。ナットウキナーゼには、血液をサラサラにうする効果があり、心筋梗塞や脳卒中を予防できます。

 

 

塩分摂取を抑えることは、動脈硬化を予防し、血管年齢を若返らせます。塩分の摂り過ぎは、動脈硬化を進行させる原因である高血圧を招きます。塩分摂取を抑えることで、高血圧を防ぐことが大切です。

 

無理なく塩分を抑えるコツ!

塩分摂取を抑えるコツをいくつか紹介します。塩分を抑えることで、食事のおいしさが損なわれてしまうのが残念に思われてしまいますよね。なので、コツを押さえて、無理のない減塩から始めましょう。

 

【減塩のコツ】

  1. 漬物、梅干し、明太子、塩魚などの塩蔵品は控える
  2. ちくわ、ハム、ソーセージなどの塩分の多い加工食品を控える
  3. ラーメンやうどんの汁は残す
  4. 味噌汁やスープは具だくさんにして、1日1回までにする
  5. しょうゆやソースはかけるのではなく、「つけて食べる」
  6. 減塩調味料(塩、みそ、しょうゆなど)を使う

 

塩分や糖分が好きで、多めに摂取してしまうという方は、「糖質・塩分の過剰摂取しがちな人にぴったりの血管年齢改善方法」を、合わせて参考にすると良いでしょう。

 

血管年齢の若返りのために、今日から食事と食べ物を変えよう!

 

血管年齢の若返りのために、できることで良いので、今日から食事と食べ物を変えてみましょう。動脈硬化は年齢とともに進行していくものです。なので、このまま何もしなければ動脈硬化は進行し、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まっていきます。

 

日本人の魚離れが問題になっていますが。魚を食べ、DHAやEPAを摂ることは、血管年齢の若返りに有効であると科学的に注目されています。もし、魚が食べられないという方は、サプリメントで補うなどをすると良いでしょう。

 

今すぐ若返り!即効性のある血管年齢改善サプリ

きなり DHA・EPA500mgの高配合サプリ!

なぜ近年、心筋梗塞や脳梗塞で亡くなる方が多いのか?それは、動脈硬化が大きな原因なっています。現代人の食生活では飽和脂肪酸の食品(肉類・乳・乳製品)を多く摂取してしまいがちです。その結果、生活習慣病や動脈硬化促進を促します。魚に多く含まれてるEPA・DHAは、オメガ3系の不飽和脂肪酸で、HDL(善玉)コレステロールを増やし、血栓症の予防効果があることが近年発表されています。きなりでしっかりDHAとEPAを摂取して血管年齢を若返りさせてみませんか?

 

 

 

きなり詳細
きなりのまとめ
商品分類 おすすめの方 価格
DHA・EPAサプリメント 魚不足な食生活の方 先着500名で初回67%OFF