血管年齢が実年齢より高いと危険?脳卒中や心筋梗塞に要注意

健康診断などで血管年齢という項目があります。最近、血管年齢という言葉をよく見聞きするのではないでしょうか?血管年齢は、健康状態を知る上で、重要な指標です。なぜなら、血管年齢が高いと突然死を招くリスクが高くなるからです。そこで、「血管年齢が実年齢より高いかった!」という方が、感じる疑問について答えたいと思います。

 

 

 

 

血管年齢が実年齢より高いと危険!?

健康診断などで、血管年齢が実年齢より高いと診断される方には、次のような疑問を持っているのではないでしょうか。「血管年齢が実年齢より高いと危険!?」。では、その答えはどうなのでしょうか?

 

血管年齢が実年齢より高いと危険!?

答えは、基本的に、血管年齢が実年齢より高いと危険です。なぜなら、血管年齢は高ければ高いほど、健康上の危険が増えます。なので、年齢が50歳だった場合、血管年齢が60歳ということになりますので、健康上の危険が増えます。

お年寄りの方でも、血管年齢が若い人がいる事実!

お年寄りの方の中でも、血管年齢が若い人もいます。血管年齢は、血管の老化の度合を表す指標です。基本的には、加齢とともに、血管は老化し、血管年齢が高くなるのですが。実は、血管年齢は、若く保つこともできますし、改善していくこともできるのです。

 

だから、お年寄りの方でも、血管年齢が若く、健康的に生活している人もいるのです。「血管年齢の改善方法」には、いくつか方法があり、また自分にあった改善方法などを選ぶことで、より効果的になります。参考にして下さい。

 

血管年齢が高くなると、脳卒中や心筋梗塞に注意!

血管年齢が高くなると、脳卒中や心筋梗塞などを注意するように言われています。健康診断でも、注意喚起された経験がある方もいるでしょう。血管年齢と脳卒中や心筋梗塞との関係を理解しておきましょう。

 

脳卒中って何?

簡単に脳卒中を説明すると、脳の血管がつまったり、破れたりして、栄養が行き届かなくなった脳の細胞が死んでしまう病気です。急に倒れて意識がなくなったり、身体やその一部がマヒになったりします。

日常の異変への敏感さが、脳卒中から身を守る!

脳卒中のサインは、日常の異変にあります。手足のしびれや目の見え方の異常、言葉がでなくなるなど。日常の異変を敏感に察知し、すぐに病院にいくと、早期発見の脳卒中は治療することができます。しかし、なかなか異変に気付かないことが多いです。ある時急に意識がなくなり、場合によっては、そのまま亡くなってしまうというのが、脳卒中の怖いところです。

 

心筋梗塞って何?

心筋梗塞は、虚血性心疾患という病気の一種です。心臓に血液が行かなくなり、栄養や酸素が不足した細胞が死んでしまう病気です。この病気が発祥すると、胸に焼け付くような激痛がはしり、それが15分〜30分間続きます。また、その途中で、心肺停止になる可能性があります。命にかかわる危険な病気です。

脳卒中も心筋梗塞も動脈硬化が大きな原因

脳卒中も心筋梗塞も動脈硬化が大きな原因となっています。動脈硬化は、血管が硬くなったり、狭くなったりして、血液の流れが悪くなった状態を言います。血管年齢が高いと、動脈硬化が進行しているということになります。なので、血管年齢が実年齢より高かったという方は、動脈硬化も進行しているので、脳卒中や心筋梗塞に注意しましょう。

 

血管年齢を若返らせる方法として最も簡単にできるのは、食生活を変えることです。なので、「食事や食べ物で若返らせる方法とは?」を参考に、今日の夕飯からでも食生活を改めていきましょう。

 

 

今すぐ若返り!即効性のある血管年齢改善サプリ

きなり DHA・EPA500mgの高配合サプリ!

なぜ近年、心筋梗塞や脳梗塞で亡くなる方が多いのか?それは、動脈硬化が大きな原因なっています。現代人の食生活では飽和脂肪酸の食品(肉類・乳・乳製品)を多く摂取してしまいがちです。その結果、生活習慣病や動脈硬化促進を促します。魚に多く含まれてるEPA・DHAは、オメガ3系の不飽和脂肪酸で、HDL(善玉)コレステロールを増やし、血栓症の予防効果があることが近年発表されています。きなりでしっかりDHAとEPAを摂取して血管年齢を若返りさせてみませんか?

 

 

 

きなり詳細
きなりのまとめ
商品分類 おすすめの方 価格
DHA・EPAサプリメント 魚不足な食生活の方 先着500名で初回67%OFF