血管年齢は加齢と共に必ず衰える?!注意したい3つのポイント

健康診断などで、血管年齢を測定した経験がある方もいるでしょう。血管年齢は、血管の老化の度合を表す指標です。この血管年齢が高いと、動脈硬化が進行していると判断されます。動脈硬化は、血管が硬くなったり、狭くなったりして、血液の流れが悪くなる状態を言います。動脈硬化は、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こし、突然死の原因となるため、命にかかわるものです。

 

血管年齢は歳をとると高くなる?

血管年齢は加齢に従って、高くなります。つまり、動脈硬化が進行してしまいます。しかし必ずしも、年齢と血管年齢が一致しません。例えば、20代の人でも血管年齢が高い人もいれば、60代でも血管年齢が低く、動脈硬化が進行していない方もいます。

 

 

 

 

注意したい3つのポイント!

年齢と血管年齢は必ずしも一致しないと言いました。では、20代で血管年齢が高い人と、60代でも血管年齢が低い人がいるとすると、その違いは何なのでしょうか?加齢以外に、動脈硬化を進行させる原因があります。ストレス、喫煙、過剰な飲酒です。動脈硬化を促進させる、これら3つは、若い人でも注意が必要です。お年を召された方は、さらに注意が必要です。

 

ストレス

ストレスを溜めると、血圧が上昇します。そして、高血圧になると、血管に負担をかけ、動脈硬化を促進してしまうのです。ストレスは、たばこを3本同時吸ったときに、血管に与える負担に相当すると言われています。血管年齢が高いと診断され、動脈硬化が心配な方は、「ストレスと血管年齢改善について」を参考にして下さい。

 

喫煙

喫煙も、動脈硬化を促進する主なリスク要因です。タバコを吸うだけで、動脈硬化を促進してしまうのですが。タバコを吸うことで、高血圧になり、血管に負担をかけ、動脈硬化を促進させます。「たばこが血管年齢を高くする理由と改善策」を紹介しているので、参考にして下さい。

 

過剰な飲酒

適量の飲酒は、動脈硬化の予防になるという研究報告がありますが。過剰な飲酒は、全く逆になります。過剰な飲酒をすると、血圧の上昇や脂質代謝の異常などにより、動脈硬化を促進させてしまうという研究報告があります。過剰な飲酒は、動脈硬化だけでなく、肝臓障害など、他の病気を招きます。飲酒に注意しましょう。

 

血管年齢は若返る!

血管年齢が高くなるということは、動脈硬化が進行しているということを表します。冒頭でもお話ししましたが、動脈硬化は、心筋梗塞や脳梗塞などの命にかかわる病気を招いてしまいます。血管年齢は若返らないと思っている方もいるようですが。血管年齢は改善し、若返らせることができます。なので、できることからで良いので、血管年齢の改善法を行っていきましょう。自分に合った「血管年齢若返り方法」を見つけて、今日から実践していきましょう。

 

 

今すぐ若返り!即効性のある血管年齢改善サプリ

きなり DHA・EPA500mgの高配合サプリ!

なぜ近年、心筋梗塞や脳梗塞で亡くなる方が多いのか?それは、動脈硬化が大きな原因なっています。現代人の食生活では飽和脂肪酸の食品(肉類・乳・乳製品)を多く摂取してしまいがちです。その結果、生活習慣病や動脈硬化促進を促します。魚に多く含まれてるEPA・DHAは、オメガ3系の不飽和脂肪酸で、HDL(善玉)コレステロールを増やし、血栓症の予防効果があることが近年発表されています。きなりでしっかりDHAとEPAを摂取して血管年齢を若返りさせてみませんか?

 

 

 

きなり詳細
きなりのまとめ
商品分類 おすすめの方 価格
DHA・EPAサプリメント 魚不足な食生活の方 先着500名で初回67%OFF