血管年齢をチェックする方法まとめ!

血管年齢とは、近時でよく耳にする言葉の一つです。この血管年齢というものは、一体どのようなものなのでしょうか。皆さんも自分の血管年齢について知りたいと思いませんか。

 

そこで、血管年齢がどういうものであるのか、また、そのチェック方法などについて、調べてみました。

 

血管年齢とは?

血管年齢とは、血管の硬さを表したもので、主として、動脈硬化の程度を示唆したものです。血管が硬いと、血管年齢は高くなり、その反対に血管が柔らかければ、血管年齢は低くなります。

 

血管年齢が高いと、動脈硬化を進捗させ、狭心症、それに心筋梗塞、ひいては脳卒中などといった重大な病気に罹患しやすくなります。こうしたことから、自分の血管年齢について知っておくことは重要なのです。

 

一般的には、誰しもが、若いうちは血管は柔軟性がありしなやかなのですが、加齢に連れて血管が硬くなる傾向があります。

 

生活習慣や食生活によって、この血管年齢の向上の程度を左右することになるのです。その食生活とは、主として塩分や糖分、それに脂質の摂取過多などが多いです。

 

近年の食生活での食べ物のなかには、これらの塩分、糖分、脂質が豊富に含まれているために、ちょっとでも油断すれば、あっという間に、取りすぎてしまいます。

 

それに、動脈硬化には自覚症状がないために、知らぬ間に進捗していることが多いです。このために、自己の血管年齢を知っておくとともに、食生活を振り返ることは、必要不可欠なことなのです。

 

血管年齢のチェック方法

血管年齢を、自分で何らの器具を用いずに調べることのできる、チェック方法があります。

 

そのチェック項目とは、

  • 血圧が高いかどうか
  • 血糖値が高いかどうか
  • コレステロール値が高いかどうか
  • 自分が肥満傾向にあるかどうか
  • 規則正しい食生活をしていないかどうか
  • 運動不足であるかどうか
  • ストレスをためているかどうか
  • 多くの悩みを抱えているかどうか
  • 性格がせっかちかどうか
  • 慢性的な睡眠不足であるかどうか
  • 食事の味付けが濃いかどうか
  • 肉料理をよく食べるかどうか
  • 腹いっぱい食べるかどうか
  • インスタントラーメンなどの食品を頻繁に食べるかどうか
  • 座り仕事の頻度が多いかどうか

というものです。

 

この項目が、自分に何個当てはまるかによって、血管年齢をチェックすることができます。

 

当てはまるものが3個以内であれば、実際の年齢と同程度の血管年齢、4個以上8個以下であれば、実際の年齢に10歳程度を加えた血管年齢、10個程度当てはまれば、実際の年齢に15歳以上を加えたものが血管年齢となります。

 

4個以上当てはまれば、血管年齢に関しては、特に注意が必要です。9個以上該当する人であれば、病院で検査を受けたほうがいいかもしれません。

 

病院では、CAVI検査(キャビィけんさ)という検査方法にて、血管年齢を正確に知ることができます。これによれば、動脈硬化であったり、血管のつまりの程度なども分かります。

 

チェック項目の解説

血管年齢を促進させる一つの要因に、高血圧が挙げられます。この高血圧とは、塩分の過剰摂取が起因しています。なるべく、食事に配慮して、塩分を抑えるようにしましょう。

 

肉料理をよく食べる人は、動物性の油を多く摂取していることになります。動脈硬化のうちでも、高脂血症をともなう動脈硬化を惹起させる可能性があるために、注意が必要です。突如として、血管のつまりが生じ、突然死を引き起こすこともあります。

 

そして、腹いっぱい食べるという、食べ過ぎはやめましょう。血管年齢を若くするためには、腹八分目が相当です。腹いっぱい食べる習慣がある人は、最初は辛いかも知れませんが、慣れてきます。

 

血管年齢を若くする方法は、食生活以外には、運動が挙げられます。特に激しいスポーツである必要性はなく、およそ20分のウォーキングを、1週間に2度ほど実行するだけで十分です。

 

たったこれだけの運動で、驚くほどの効果を発揮します。血管年齢のチェックが、9個以上当てはまった人であれば、ウォーキングを生活に採用することをオススメします。

 

健康であることが、ひいては、血管年齢を若くしてくれるのですが、健康的な生活にストレスは厳禁です。ストレスをうまく解消しつつ、休養や睡眠を十分にとることも大切なことです。

 

 

今すぐ若返り!即効性のある血管年齢改善サプリ

きなり DHA・EPA500mgの高配合サプリ!

なぜ近年、心筋梗塞や脳梗塞で亡くなる方が多いのか?それは、動脈硬化が大きな原因なっています。現代人の食生活では飽和脂肪酸の食品(肉類・乳・乳製品)を多く摂取してしまいがちです。その結果、生活習慣病や動脈硬化促進を促します。魚に多く含まれてるEPA・DHAは、オメガ3系の不飽和脂肪酸で、HDL(善玉)コレステロールを増やし、血栓症の予防効果があることが近年発表されています。きなりでしっかりDHAとEPAを摂取して血管年齢を若返りさせてみませんか?

 

 

 

きなり詳細
きなりのまとめ
商品分類 おすすめの方 価格
DHA・EPAサプリメント 魚不足な食生活の方 先着500名で初回67%OFF