血管年齢改善 | 早食い・1食で沢山食べる方の解決策とは?


早食いや1食でたくさん食べる方は、ちょっとしたことを変えるだけで、血管年齢を改善することができます。早食いや1食でたくさん食べるというのは、動脈硬化を促進する可能性が非常に高いです。

 

しかし、少し食べ方を変えるだけで、血管年齢が改善していきます
例えば、野菜をはじめるに食べるだけで、血糖値の急上昇を抑えることができます。このように今日からできる簡単な血管年齢改善法を紹介します。

 

 

 

 

1食で沢山食べる方の解決策

 

血管年齢を改善するために、1食で沢山食べる人はどのような解決策を行えばいいのでしょうか。今日からできる簡単な血管年齢改善法を紹介します。

 

時間帯によって食べる量を調整する!

1食で沢山食べる人は、時間帯によって食べる量を調節しましょう!そうすることで、肥満を予防し、動脈硬化の進行を抑えることができます。夜10時〜朝2時の間が最も太りやすい時間です。この時間帯に食べるのは、控えましょう。

 

しかし、午後6時くらいの夕食が早い方は、夜にしっかり食べても構いません。その代わり、朝は軽めにすることで、1日の食べる量を調整しましょう。逆に、夜食べるのが遅い方は、夜を軽めにし、朝にしっかり食べるといいでしょう。具体的に何を食べたらいいのか?が気になる方は、「食事と食べ物で血管年齢を改善する方法」を参考にして下さい。

 

野菜から食べる!

食事は野菜から食べましょう。野菜には、食物繊維が多く含まれており、食物繊維によって噛む量が増えます。すると、満腹感を覚えやすく、肥満の予防になります。なので、できるだけ多くの野菜を食事の始めに食べるようにしましょう。野菜嫌いの方は、「野菜嫌いな人のための血管年齢改善方法」も紹介していますので、参考にして下さい。

 

外食・間食は控える!

1食で沢山食べる方は、外食や間食を控えましょう。1食で摂るエネルギー量が多い上に、外食や間食でエネルギーをさらに補ってしまうと、肥満になっていきます。外食は、高エネルギー・高脂肪のメニューが多いので、できるだけ控えるようにしましょう。1日1回以下にしておくのがいいでしょう。甘い物やスナック菓子などの間食はできるだけ控えましょう。

 

血管年齢の改善のために運動も始めよう!

血管年齢を改善するためには、「運動で血管年齢を改善する方法」もおすすめです。やはり肥満になる原因は、自分が1日に消費するエネルギー以上に、エネルギーを摂ってしまうことにあります。なので、エネルギーの消費量を増やすことで、肥満予防になります。簡単な運動から始めてみましょう。

 

 

早食いをしてしまう方の解決策

 

血管年齢を改善するためには、早食いをしてしまう方は、どのような解決策を行えばいいのでしょう。簡単な血管年齢改善法を紹介します。

 

野菜から食べる!

食事は野菜から食べましょう。1食で沢山食べる人の解決策としても紹介しましたが。野菜から食べるメリットは、肥満予防だけではありません。食後、血糖値の急上昇を抑えることができるのです。早食いをすることで、血糖値の急上昇がおこります。高血糖は動脈硬化を促進させてしまいます。なので、野菜を始めに食べるようにしましょう

 

噛む回数を数えながら食べる!

噛む回数を数えながら食べることで、食物をしっかり咀嚼し、肥満を予防することができます。早食いをする人は、食物をあまり噛まない人が多いようです。すると、満腹感を感じるまでに、沢山の食物を食べてしまう傾向にあります。噛む回数は30回が良いと言われています。なので、心の中で「1」から「30」まで数えて食べるようにしましょう。

 

噛むことの健康効果!

噛むことには、様々な健康効果があることがわかっています。肥満予防、認知症やぼけ予防、歯の病気予防、胃腸の働きを促進するなど。噛むことは、健康に対して多くの効果があります。是非、30回噛む習慣を身に付けましょう。

 

 

どうして早食い・1食で沢山食べると動脈硬化を促進するの?

 

どうして早食いや1食で沢山食べると動脈硬化が促進してしまうのでしょうか?最も影響が強いのは、肥満です。早食いや1食で沢山食べることで、肥満になると、動脈硬化が進行してしまいます。また、早食いをする方は、血糖値の急上昇により、動脈硬化が進行することにも注意が必要です。

 

肥満は動脈硬化を進行させる、あらゆる原因を生む!

肥満になると動脈硬化がどんどん進行していきます。その理由は、肥満になることで、コレステロールや中性脂肪が高くなったり、高血糖、高血圧になるからです。これらはすべて、動脈硬化を進行させる原因となるものです。特に、肥満の中でも、内臓周辺に脂肪がつく内臓脂肪型肥満が、糖質や脂質の代謝機能の異常を招き、より動脈硬化を進行させます。

 

 

もっと血管年齢を改善したい方に!

日本では突然死でなくなる方が年々増えています。芸能人の方でも意識不明になって、そのままお亡くなりになられた方、奇跡的に一命を取り留めた方が大きなニュースとなっていますね。現代の私たちの生活には、動脈硬化を進行させる多くの要因が潜んでいます。私たち現代の日本人は、放っておくと動脈硬化がどんどん進行してしまいます。

 

例えば、食の欧米化による日本人の魚離れが問題になっていますよね。魚に含まれるDHAやEPAは、血管年齢を改善し、突然死を防ぐのに良いと様々な研究で言われています。しかし、魚を食べなくなった現代の日本人は、DHAやEPAがあまりに不足しているのが現状です。もっと血管年齢を改善したいという方は、魚を食べる、あるいはサプリメントなどでDHAやEPAを補うようにし、次回の健康診断で血管年齢を若くするように努めましょう。

 

今すぐ若返り!即効性のある血管年齢改善サプリ

きなり DHA・EPA500mgの高配合サプリ!

なぜ近年、心筋梗塞や脳梗塞で亡くなる方が多いのか?それは、動脈硬化が大きな原因なっています。現代人の食生活では飽和脂肪酸の食品(肉類・乳・乳製品)を多く摂取してしまいがちです。その結果、生活習慣病や動脈硬化促進を促します。魚に多く含まれてるEPA・DHAは、オメガ3系の不飽和脂肪酸で、HDL(善玉)コレステロールを増やし、血栓症の予防効果があることが近年発表されています。きなりでしっかりDHAとEPAを摂取して血管年齢を若返りさせてみませんか?

 

 

 

きなり詳細
きなりのまとめ
商品分類 おすすめの方 価格
DHA・EPAサプリメント 魚不足な食生活の方 先着500名で初回67%OFF