冷え性は血行不良が原因?改善方法は?

冷え性は、万病の元と言われています。では、冷え性の原因は、何でしょうか?原因の1つに、血行不良が挙げられます。血行不良は、生活習慣が悪いことで起こることが多いです。生活習慣を改め、冷え性を改善する方法をお話しします。

 

 

 

 

冷え性を改善する方法

生活習慣を変え、冷え性を改善する方法を紹介します。

 

冷え性を改善する上で、最も大切にしたいのが、体の中心部分であるお腹です。体の中心部が冷えると、手足の末端も冷えるようになります。また、腸には免疫機能が備わっており、お腹が冷えることで免疫機能が低下し、風邪や病気になりやすくなります。そこで、腹巻や下着でお腹を冷やさないようにしましょう。注意する点は、締め付けの強い腹巻や下着は使わないようにしましょう。なぜなら、血流を滞らせてしまうからです。

 

半身浴をすると、全身浴より身体の芯から温めることができます。半身浴は、冷え性の改善だけでなく、デトックス効果、ストレス解消、疲労回復、美肌効果などの効果があります。

 

【やり方】
38度くらいのお湯に、半身だけ浸かります。半身浴を始めてから汗をかき始めるのにはだいたい20分くらいの時間がかかります。この間、時々、肩にお湯をかけるか、お湯につかり、肩から冷えないようにしましょう。
20分以上ゆっくりと浸かるのですが、脱水症状を防ぐため、時々ミネラルウォーターやスポーツドリンクで、水分補給を行いましょう。お風呂上りには、湯冷めに注意して下さい。

 

 

血行不足を引き起こす原因に、運動不足が挙げられます。筋肉が増えると、基礎代謝が上がります。基礎代謝は、何もしなくても消費されるエネルギーのことを言います。基礎代謝は、体温を維持するのに使われます。特に、ふくらはぎは、なので、筋トレをすると、基礎代謝が上がり、体温が上がります。

 

運動不足を感じている方は、「血管年齢を若返らせる体操・筋トレ・ウォーキング方法」を参考に、簡単な運動から行っていくと良いと思います。また、ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ、血液循環機能を思っています。なので、ふくらはぎを鍛えると血行が良くなり体温が上がります。

 

 

ニンジン、ごぼう、かぼちゃ、たまねぎなどの根菜類も体温を温めます。果物は、りんごやミカンなどが体温を上げます。生姜にも体を温める効果があります。基本的に、夏野菜や夏の果物は体温を冷やし、冬野菜や冬の果物は体温が上がります。

 

もっと血管に良い食べ物を知りたい方は、「血管年齢を食事や食べ物で若返らせる方法とは?」を読んで、今日からでも食習慣を変えると良いでしょう!

 

ストレスも冷え性の原因になります。人間がストレスを感じているとき、アドレナリンやノンアドレナリンという緊張ホルモンが分泌されます。すると、血管が収縮し、血液の流れが悪くなります。その結果、体温が低下し、冷え性になってしまうのです。なので、ストレスを感じやすい方や、ストレスの多い環境にいる方は、毎日のストレスケアを行いましょう。

 

【ストレスを解消する方法】

  1. 歌うことはストレス解消になります。カラオケに行くと良いでしょう
  2. 動するとストレスが解消されます。ウォーキングでも始めてみましょう
  3. 紙にイライラの感情を書き出すと、ストレスが解消されます
  4. 睡眠をしっかり取ることは、ストレス解消に効果があります
  5. アロマや半身浴など、リラックスできる時間を持つと、ストレス解消になります

ストレスを感じがちは人は、「ストレスが多いと血管年齢も高くなりやすい?その対策方法は?」も合わせて読んでおくと、具体的にストレス対策の方法が分かります。

 

 

冷え性を放っておくと、どうなる?

冒頭で、冷え性は、万病の元と言いました。冷え性を放っておくと、肌トラブル、頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、風邪を引き起こしやすくなったりします。なので、冷え性を放っておくのではなく、しっかりと冷え性を改善しましょう。

 

死に繋がる病気になる可能性も・・・

最近、動脈硬化が進行することによって引き起こされる、心筋梗塞や脳梗塞による突然死が注目されていますが。実は、冷え性になることで、動脈硬化が進行してしまうのです。なぜなら、冷え性になると、血液が滞り、血管内に脂質やプラーク(脂質のかたまり)が溜まり、動脈硬化が進行してしまうからです。

 

動脈硬化が進行している方は、血管が老化し、血管年齢が高くなっています。「血管年齢を改善する方法」には、いくつかの方法や、その人の生活習慣にあった改善法がありますので、参考にして下さい。

 

 

今すぐ若返り!即効性のある血管年齢改善サプリ

きなり DHA・EPA500mgの高配合サプリ!

なぜ近年、心筋梗塞や脳梗塞で亡くなる方が多いのか?それは、動脈硬化が大きな原因なっています。現代人の食生活では飽和脂肪酸の食品(肉類・乳・乳製品)を多く摂取してしまいがちです。その結果、生活習慣病や動脈硬化促進を促します。魚に多く含まれてるEPA・DHAは、オメガ3系の不飽和脂肪酸で、HDL(善玉)コレステロールを増やし、血栓症の予防効果があることが近年発表されています。きなりでしっかりDHAとEPAを摂取して血管年齢を若返りさせてみませんか?

 

 

 

きなり詳細
きなりのまとめ
商品分類 おすすめの方 価格
DHA・EPAサプリメント 魚不足な食生活の方 先着500名で初回67%OFF