血管年齢改善方法 | ストレスが多いと血管年齢も高くなりやすい?

 

ストレス社会に生きる私たちの周りには、イライラを生み出す原因がいっぱいです。しかし、ストレスは放っておいてはいけません。なぜなら、ストレスは動脈硬化を促進するからです。私たちがストレスでイライラしているとき、血管にはタバコを3本同時に吸っているのと同じくらいの負担がかかっていることをご存知でしたか?そこで、ストレスが多い人がどのように血管年齢を改善していけばいいのかをお話ししましょう。

 

 

 

 

ストレスが血管に悪いのはなぜ?

ストレスが血管に悪い理由は、血圧が上昇するからです。高血圧が動脈硬化を促進させてしまいます。少し詳しく説明すると、私たちがイライラしているとき、興奮しているときに活発になる交感神経を強く刺激してしまいます。すると、血圧が急上昇してしまうのです。

 

ストレスが多い人が血管年齢を改善する方法!

 

ストレスが多い人はどのように血管年齢を改善すればいいのでしょうか。まずはストレスをコントロールすることから始めましょう。ここでは5つのストレスをコントロールする方法を紹介します。

 

感情を紙に書き出す!

ストレスを簡単に減らす方法が、感情を紙に書き出すという方法です。イライラや怒りを感じているとき、自分の心の中の叫びを、紙に吐き出すように書きます。すると、ストレスが減ります。

 

さらに、その紙を誰にも見られないところに直しておき、後日見返します。すると、「なんだ、こんなことにイライラしていたのかぁ。。。」と自分を客観的に見ることができ、さらにストレスを減らすことができます。

 

腹式呼吸をする!

腹式呼吸をすると、ストレスを減らすことができます。腹式呼吸をすると、リラックスしたときに優位になる副交感神経が刺激されます。

【やり方】

@鼻から空気を吸う
Aお腹に空気を溜めるように、お腹を膨らませる
Bお腹をへこませ、口から息を吐く
これを5分〜10分くらい繰り返し行うと良い。

 

音楽を楽しもう!

音楽を楽しむことが、ストレスを減らすと言われています。特に、カラオケに行くと、声を出すので、よりストレス発散効果があります。週に1回や月に1回、カラオケに行くのもいいかもしれませんね。

 

運動をする!

運動は、ストレス発散に効果があります。また運動は、ストレス発散だけでなく、血管年齢の改善そのものに効果があります。「運動で血管年齢を改善する方法」は、別の記事でお話ししているので、参考にして下さい。

 

ツボを押す!

ストレスを減らす上で、ツボを刺激する方法があります。ストレス解消の特効ツボとして「太衝(たいしょう)」というツボがあります。このツボは、神経質タイプの人のストレス緩和に特に効果があると言われています。

 

【やり方】

「太衝(たいしょう)」は、足の親指と人指し指のつけ根から、足首の方向へ指で押し上げて指が止まるところにあります。

 

 

 

人差し指の先で、5秒押し込み2秒休むを3分行います。

 

 

その他の血管年齢を改善する方法!

血管年齢を改善する上で、ストレス緩和だけでなく、その他の改善策を行うことで、血管年齢を改善していきましょう。そのためにおすすめの2つの方法をご紹介します。

 

食事や食べ物で血管年齢を改善する!

食事や食べ物を変えることは、血管年齢の改善に効果があります。例えば、野菜から食べるだけで、血糖値の急上昇を防ぎ、動脈硬化を予防することができます。「食事と食べ物で血管年齢を改善する方法」には、今日からできることを多く紹介しています。少しずつでも取り入れていきましょう。

 

サプリメントでEPAやDHAを補う!

EPAやDHAは、様々な研究により動脈硬化に良いことがわかっています。EPAやDHAが動脈硬化やその他の健康に与える影響はたくさんあります。なので、血管年齢を改善するために、EPAやDHAをサプリメントで十分に補うことができます。

 

ストレス社会に生きる私たちが突然死から身を守るために!

近年、突然死で亡くなる方が増えています。ストレスという観点から見ると。やはりストレス社会と呼ばれる今の日本には、ストレスを生む種がたくさんあるというのが、突然死を多くさせる原因ではないでしょうか。

 

例えば、人間関係、仕事、子どもの教育、テレビや携帯の電波などが私たちのストレスを生み出します。このような環境ではストレスによる動脈硬化が進行するのも無理はありません。私たちはしっかりと自分で健康を守ることが求められています。

 

今すぐ若返り!即効性のある血管年齢改善サプリ

きなり DHA・EPA500mgの高配合サプリ!

なぜ近年、心筋梗塞や脳梗塞で亡くなる方が多いのか?それは、動脈硬化が大きな原因なっています。現代人の食生活では飽和脂肪酸の食品(肉類・乳・乳製品)を多く摂取してしまいがちです。その結果、生活習慣病や動脈硬化促進を促します。魚に多く含まれてるEPA・DHAは、オメガ3系の不飽和脂肪酸で、HDL(善玉)コレステロールを増やし、血栓症の予防効果があることが近年発表されています。きなりでしっかりDHAとEPAを摂取して血管年齢を若返りさせてみませんか?

 

 

 

きなり詳細
きなりのまとめ
商品分類 おすすめの方 価格
DHA・EPAサプリメント 魚不足な食生活の方 先着500名で初回67%OFF