血管力低下の初期症状って?こんな方は血管年齢に注意?!

最近、疲れを感じやすくなったり、肩こりがひどくなったりしていませんか?もしそのようなことを感じているなら、それは、血管力の低下が原因かもしれません。血管力とは、血管が若々しく保たれ、血液をスムーズに流すことができる血管の力を示します。血管年齢は、血管の老化の度合を示します。”血管年齢が高くなる”と、”血管力が低下している”は、どちらも動脈硬化の進行を意味します。

 

 

 

 

それは、血管力低下のサインかも!血管年齢に注意!

動脈硬化は、血管が硬くなったり、狭くなったりすることで、血液が滞ってしまう状態です。動脈硬化が進行することで、脳卒中や心筋梗塞を招き、突然死するリスクが高まります。では、動脈硬化を引き起こす血管力低下のサインはどこに現れるのでしょう?ここでは、動脈硬化の初期症状を紹介します。

 

血管力が低下し、動脈硬化が進行している場合、初期症状は次のように現れます。
  • 疲れやすくなった
  • 肩こりがひどくなった
  • 腰痛になった
  • 目が疲れやすい
  • 冷えを感じやすくなった
  • 息切れしやすくなった

 

動脈硬化は、自覚症状がないから怖い!

上に、動脈硬化による初期症状を紹介しました。それらのような微妙は変化に対して、敏感に察知する必要があります。なぜなら、動脈硬化の怖いところは、自覚症状がないまま、進行していくことだからです。そして、ある日突然、脳卒中や心筋梗塞で意識不明になることがあります。なので、ちょっとした変化ですが自分の体調に敏感になって、健康管理に努めるようにしましょう。

 

 

血管力低下を感じたら、どうすればいい?

上に紹介した初期症状と思われるものが一時的なものであれば、心配する必要はありません。
しかし、初期症状と思われるものが、続く場合には、動脈硬化の進行に注意を払う必要があります。では、初期症状が続き、血管力低下を感じたら、どうすればいいのでしょうか?

 

病院で血管年齢を測ってもらう!

まずは、病院で、血管年齢を測定してもらいましょう。血管年齢という指標で数値を出すことで、自分の血管力の状態を客観的に知ることができます。動脈硬化の進行は、特別な装置などを用いない限り、目には見えないものです。

 

なので、医療によって、客観的に見てもらうようにしましょう。そうすることで、今後の血管年齢改善に対する自分の取り組む姿勢が変わり、結果的に、健康的に長生きすることができます。

 

血管年齢を病院で測るのにかかる費用は、2500円前後です。動脈硬化の検査に関しては、「血管年齢の検査・測定方法」を参考にして下さい。命を守るために、検査費を惜しまないようにしましょう。

 

自分で出来る血管年齢改善法を実践する!

血管年齢を病院で測定してもらうと、かなり血管年齢が老化していて、将来が不安に感じた方もいるでしょう。しかし、血管年齢は改善することができます。動脈硬化の進行の原因は、多くは生活習慣にあります。なので、生活習慣を見直すことで、血管年齢は若返ります。

 

お年を召された方でも、血管年齢を改善することができるので、安心してください。血管年齢は実年齢と必ずしも関係しないので、お年寄りでも血管年齢を若くすることができます。まずは、「血管年齢を改善する方法」をいくつも紹介しているので、それを参考に生活習慣を改善していきましょう。

 

 

今すぐ若返り!即効性のある血管年齢改善サプリ

きなり DHA・EPA500mgの高配合サプリ!

なぜ近年、心筋梗塞や脳梗塞で亡くなる方が多いのか?それは、動脈硬化が大きな原因なっています。現代人の食生活では飽和脂肪酸の食品(肉類・乳・乳製品)を多く摂取してしまいがちです。その結果、生活習慣病や動脈硬化促進を促します。魚に多く含まれてるEPA・DHAは、オメガ3系の不飽和脂肪酸で、HDL(善玉)コレステロールを増やし、血栓症の予防効果があることが近年発表されています。きなりでしっかりDHAとEPAを摂取して血管年齢を若返りさせてみませんか?

 

 

 

きなり詳細
きなりのまとめ
商品分類 おすすめの方 価格
DHA・EPAサプリメント 魚不足な食生活の方 先着500名で初回67%OFF