血管年齢も若返る!南雲流若返り方法

今では有名な南雲医師について、ご存知の方も多いことでしょう。テレビなどで自身の経験に基づいた独自の健康法を紹介しています。その南雲先生の健康法は、動脈硬化が進行して血管年齢が高くなっている人にも、効果があります。そこで、テレビ番組で紹介された南雲流若返り方法から、血管年齢の若返りに効果があるものを解説していきましょう。

 

 

 

南雲流若返り方法とは?

テレビ番組で紹介された南雲流若返り方法ですが、見ていて面白く、血管年齢の若返りに効果的な方法がたくさん見受けられました。そこで、下に動画を用意したので、まずは一度見てみるといいでしょう。

 

まずは、動画でチェック!

 

 

 

どうして南雲流若返り方法で、血管年齢が若返るの?

動画を見て頂けましたか?動画を見た方は、南雲流が血管年齢に効果があると感じた方もいるでしょう。ここでは、どうして南雲流若返り方法で、血管年齢が若返るのかをお話しします。テレビ番組で出てきた南雲先生の健康法で、特に血管年齢の若返りに効果があるものを順番に解説していきます。

 

フルーツを丸ごと食べる!

 

南雲流若返り方法では、フルーツを丸ごと食べます。南雲先生は、みかんも皮ごと食べているのですが。これは、血管年齢の若返りに効果があります。なぜなら、みかんの皮は、チンピと言い、血圧降下や食欲不振に効果があるからです。

 

実は、みかんの皮(チンピ)は、ほとんどの漢方薬で原料として使われています。動脈硬化の進行は高血圧によって進行するので、みかんの皮を食べることは、血管年齢の若返りに効果があります。

 

ごぼうを皮ごと食べる!

南雲先生は、テレビ番組で、ごぼうの皮にはサポニンという若返り物質が入っていると説明しています。サポニンは、悪玉コレステロールの分解作用や脂肪燃焼作用があります。動脈硬化は、悪玉コレステロールや中性脂肪によって、進行していきます。なので、ごぼうも皮ごと食べることで、サポニンを摂ることでき、血管年齢を若返らせることができるんです。

 

特に、すでに肥満体型に方は、サポニンには、脂肪燃焼作用があるので、、動脈硬化進行を加速させる肥満対策にもなります。早食いや1食で沢山食べる方は、「早食い・1食で沢山食べる方の解決策とは?」も参考になりますので、一読しておくと良いでしょう。

 

野菜ドレッシングの量を少な目にする!

南雲先生は、野菜ドレッシングの量を少なくして食べていました。これは、動脈硬化の予防になります。なぜなら、塩分の摂り過ぎは動脈硬化を進行させてしまうので、塩分の高いドレッシングを少な目に摂ると、塩分摂取が少なくて済むからです。濃い口で、塩分をついつい欲してしまう方は、「塩分の過剰摂取の方にぴったりの血管年齢改善方法」も参考に、塩分を減らすようにしましょう。

 

エビも殻ごと食べる!

南雲先生は、テレビ番組で、エビも殻ごと食べていました。エビの殻には、キトサンという若返りと抗ガン作用の栄養素が入っています。キトサンの代表的な効果としては、コレステロールを下げる効果があります。ごぼうの皮に含まれるサポニンが、コレステロールを分解し、動脈硬化を予防するとお話ししましたが。同様に、エビを殻ごと食べると血管年齢の若返りに効果があります。

 

 

南雲流はちょっと無理かも。。。そんなあなたのための血管年齢若返り方法

南雲先生の健康法は、注目されている一方、「ちょっと実践するのは無理かも。。。」という方が多いようです。上でお話しした、血管年齢の若返りに効果がある方法も、皮ごと食べる、殻ごと食べるなど、少し私たちには無理そうですよね。しかし、動脈硬化は加齢や生活習慣など、日常の積み重ねでどんどん進行していきます。何もしなければ、動脈硬化が進行し、突然死のリスクが高まっていくでしょう。

 

そこで、南雲先生が「俺の若さの源」と呼んでいる”ごぼう”を食べるということは、血管年齢若返りのために実践したいものです。そこで、ごぼうを皮ごと食べるなんて無理!という方のために、解決策を紹介しましょう。

 

”ごぼうと鶏肉の煮込み”を作って食べる!

上の動画で紹介しているテレビ番組の中でも、南雲先生が実際に作っている”ごぼうと鶏肉の煮込み”なら、ごぼうを丸ごと美味しく食べることができます。また、ごぼうと鶏肉の相性は抜群で、ごぼうの酵素が鶏肉の余分なコレステロールを吸収し、ふんわり柔らかいお肉になります。なので、美味しさと血管年齢の若返りを兼ね備えた逸品です。

 

【作り方】
用意するものは、ごぼう1本、手羽元6本、出汁醤油です。これは2人前の量になります。

 

【調理手順】

  1. ごぼうを皮ごと約1.5cmの厚さで斜めに切る
  2. ごぼうが浸る程度に鍋に水を加える
  3. 灰汁抜きをせずに、そのまま火にかける※灰汁抜きをすると、サポニンが抜けてしまいます。
  4. 手羽元を加え、落し蓋をして弱火で約1時間煮る
  5. 出汁醤油を加える
  6. 弱火で約15分煮詰める

※詳しくは、ひとつ目の動画の再生時間5:00〜6:55で見ることができます。

 

ごぼう茶でサポニンを摂る!

ごぼう茶で血管年齢の若返りに良いサポニンを摂ることができます。ごぼうを皮ごと食べるのは無理だし、料理も大変という方におすすめです。飲みやすくしたごぼう茶を飲むだけで、悪玉コレステロールを分解し、脂肪を燃焼してくれます。日頃飲んでいるお茶を、ごぼう茶に変えるだけで、ごぼう茶を飲むたびに健康になれます。簡単にできるので、動脈硬化の予防のために取り入れるといいでしょう。

 

ここまで南雲流の血管年齢の若返り方法を学んで、ゴボウ茶を飲んでみようと思いましたか?たしかにゴボウが嫌いな方や、ゴボウ料理を自分で作るのに手間を感じる方もいると思います。そのような方は、血管に良い食べ物として有名な「魚」を食べましょう。

 

魚には、DHA・EPAという血管に良い成分が含まれています。詳しくは、「血管年齢を食事や食べ物で若返らせる方法」を参考にして下さい。あまり魚を食べない食生活を送っていたり、魚嫌いの方の場合は、手っ取り早くサプリメントで補うようにすると良いでしょう。

 

 

今すぐ若返り!即効性のある血管年齢改善サプリ

きなり DHA・EPA500mgの高配合サプリ!

なぜ近年、心筋梗塞や脳梗塞で亡くなる方が多いのか?それは、動脈硬化が大きな原因なっています。現代人の食生活では飽和脂肪酸の食品(肉類・乳・乳製品)を多く摂取してしまいがちです。その結果、生活習慣病や動脈硬化促進を促します。魚に多く含まれてるEPA・DHAは、オメガ3系の不飽和脂肪酸で、HDL(善玉)コレステロールを増やし、血栓症の予防効果があることが近年発表されています。きなりでしっかりDHAとEPAを摂取して血管年齢を若返りさせてみませんか?

 

 

 

きなり詳細
きなりのまとめ
商品分類 おすすめの方 価格
DHA・EPAサプリメント 魚不足な食生活の方 先着500名で初回67%OFF