鼻血が止まりにくくなったら危険?!動脈硬化・高血圧に要注意

鼻血が止まりにくいとか、たびたび鼻血が出るといったことはありませんか?もし、そのようなことがあるなら、動脈硬化や高血圧になっている可能性があります。この機会に、鼻血と動脈硬化、鼻血と高血圧、それぞれの関係を理解しておきましょう。

 

 

 

 

鼻血が止まりにくくなったら危険?!

鼻血が止まりにくくなったら、動脈硬化や高血圧になっている危険があります。なので、鼻血が止まりにくい方は、動脈硬化・高血圧に要注意です。鼻血と動脈硬化、鼻血と高血圧の関係について理解しておきましょう。

 

鼻血と動脈硬化の関係

動脈硬化が進行している場合、鼻血が出やすくなります。なので、鼻血が止まりにくいとか、たびたび鼻血が出るといったことがある方は、注意が必要です。動脈硬化は、血管が硬くなったり、狭くなったりした状態です。このとき、血管はもろくなっているため、鼻血が出やすくなるのです。動脈硬化は、自覚できないまま進行し、脳卒中や心筋梗塞などの突然死を招く場合があるので注意が必要です。

 

鼻血と高血圧の関係

高血圧になると、鼻血が出やすくなります。高血圧になると、血管に負担をかけ、血管がもろくなります。そのため、鼻血が出やすくなります。また、高血圧は動脈硬化を促進させるので、動脈硬化が引き起こされることでも、さらに鼻血が出やすくなります。高血圧も自覚できないものなので、注意が必要です。

 

”たびたび鼻血が出る”、”鼻血が止まらない”は、どうすればいい?

”たびたび鼻血が出る”、”鼻血が止まらない”はといった場合は、何かの病気が原因になっている可能性があります。そこで、以下の2つ方法を紹介しておきましょう。

 

病院に行く!

鼻血が止まりにくいとか、たびたび鼻血が出るといった場合は、病院に行くのが良いでしょう。動脈硬化や高血圧で、鼻血が出ているとすると、かなり進行している可能性があります。なので、医師の診断を受けることが望ましいです。また、鼻血が止まりにくくなるその他の原因についても、発見することができるので、医師の診察を受けるようにしましょう。

 

血管年齢を改善する!

もし鼻血が止まりにくくなる原因が、動脈硬化や高血圧だった場合。血管年齢の改善に努める必要があります。動脈硬化は、脳卒中や心筋梗塞などの突然死を招く危険があります。「血管年齢の改善方法」には、いくつかの方法や、個人の特徴にあった改善法があります。参考にして下さい。

 

緊急!鼻血が出た時、どうすればいいの?

「鼻血が出た!」。そんな緊急時はどうすればいいのでしょうか?基本的に、ややうつむき、両側の鼻先の膨らんだ部位を強くつまめば数分で止血ができます。ただし、これは何かの病気が原因で出た鼻血ではない場合です。そして、鼻血は、飲み込むと吐き気をもよおすことがあるので、飲み込まないようにしましょう。

 

最後に、高血圧な人は、塩分をとりがちな人が多いようです。「この記事を読んでいるあなたは、塩分を過剰摂取していませんか?」もし「濃い口」だという方は、「塩分の過剰摂取の方にぴったりの血管年齢改善方法とは?」を参考に、減塩に努めるようにしましょう。

 

今すぐ若返り!即効性のある血管年齢改善サプリ

きなり DHA・EPA500mgの高配合サプリ!

なぜ近年、心筋梗塞や脳梗塞で亡くなる方が多いのか?それは、動脈硬化が大きな原因なっています。現代人の食生活では飽和脂肪酸の食品(肉類・乳・乳製品)を多く摂取してしまいがちです。その結果、生活習慣病や動脈硬化促進を促します。魚に多く含まれてるEPA・DHAは、オメガ3系の不飽和脂肪酸で、HDL(善玉)コレステロールを増やし、血栓症の予防効果があることが近年発表されています。きなりでしっかりDHAとEPAを摂取して血管年齢を若返りさせてみませんか?

 

 

 

きなり詳細
きなりのまとめ
商品分類 おすすめの方 価格
DHA・EPAサプリメント 魚不足な食生活の方 先着500名で初回67%OFF